上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
こんにちは、豊田です。
まだ油断は出来ませんが、少し涼しくなってきましたね。

さて、この間面接に来た女性に「私人見知りなんです…」という方がいらっしゃいました。
わかります。豊田も極度の人見知りです。


初対面や知り合ったばかりの人との会話って、難しいですよね。たいていは「緊張と心の壁」があり、当たり障りのない会話しかできないもの。それでもデートなのだからどうにか相手との距離が近づく会話をしたいと思うもの。
男性からそういうリードをしていただけると、女性は嬉しいですよね。

ということで今回はそんな会話テクを5つご紹介します。


1、テリトリー内の情報を知っておく
可能であれば、相手のことをできるだけ知っておくと、話題作りに困りません。
特に「職業、趣味、スポーツ、出身地、スポーツやバイト歴」など。相手のテリトリーにより近い話題を出すと、会話も弾みます。

2、身の回りのものを褒める
人は外見に自分の好きなものをちりばめます。特に「個性的、目立つ、質が良い、高価そう」なものはこだわりの強い部分。
ファションや髪型、小物、靴など、細かくチェックしてさりげなく褒めたり、どこで買ったのかなど情報を聞きましょう。

3、好きなものを聞く
自分の好きなものを話しているときが、1番人は輝いています。「休みの日は何をするのが好き?」「学生時代の部活やバイトは何か」が、入りやすい質問。好きなものを語ってもらいましょう。

4、具体的なカマをかける
カマをかければわざとらしくない会話ができ、相手の情報も知れるのでお勧め。相手の外見や言動から予想を立て、一般的なカマをかけてみましょう。
例えばファッションや持ち物にまで気合が入っている人に、「海外旅行はよく行く方?」「グアムとかハワイ行ったことある?」とカマをかけてみましょう。うまく当たるときもあれば、「海外ではなく、国内です」と返されることも。「行ったことない」という人でも旅行に行かない人はいませんから、「最近どこに旅行行った?」「今までの旅行先はどこが良かった?」なんて話にかえられます。
大事なのは辺り外れでなくそこから派生する話。旅行、音楽、ジムなど、ポピュラーな話題で試してみてください。

5、一言本音をさらけ出す
本音を一言言うだけで、場の空気が和み、人との距離が近づくことがあります。待ってても気の遠くなる話ですから、自分から言いましょう。
気をつけたいのは黒い本音や愚痴に不満。そうではなく、「緊張する、人ごみが苦手」などイメージは悪くならないものを選んでください。


いかがでしょうか? デートの際には是非試してみてくださいね。



上記を試したデートをしたいのならこちら↓
☆青山プラチナ倶楽部☆

08/24|交際クラブ||TOP↑
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
Google+1
公式サイト
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
リンク
QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。